【チンプイ】とおすすめメル友紹介


【チンプイ】に関する説明とおすすめのメル友募集サイトをご紹介いたします。


おすすめメル友募集サイト


無料メル友募集サイト【メルCAFE】

チンプイ】について


あらすじ

普通の小学生の女の子・春日エリはマール星の王子・ルルロフ殿下のお妃に突然選ばれてしまう。エリは結婚を拒否するが、マール星からエリを説得するためにやってきたマール星人のチンプイはエリの家に居候として住み着いてしまう。マール星は高度に科学が発達した星で、科法(かほう、魔法みたいなもの)と呼ばれる不思議な力を使うことができる。マール星からはエリを説得するためとか、エリのファンだとかで変な宇宙人がエリのもとにやってきて騒動を起こすように…。
作者も亡くなっているので、エリとルルロフ殿下との関係はどうなったのか?などの謎は結局明かされずじまいである(第52話で、未来のエリが「妃殿下」として現在の地球に里帰りしているが、これが現在のエリの未来の姿なのか、パラレルワールドのエリの未来の姿なのかは不明)。
テレビアニメ版では『はじめまして、ルルロフです』(アニメオリジナル56話Bパート)の回において、ルルロフ殿下がエリおよび内木と友人になるというラストが採用された。このときにもルルロフ殿下は素顔を見せていないため、その正体は謎のままである。なお、『アニメージュ』91年6月号のチンプイ特集で、「ルルロフ殿下=内木」という説が紹介されている。


キャラクター


地球人
春日エリ
この漫画の主人公。かえでが丘小学校6年生。12歳。双子座。O型。春日家の一人娘。いつも学校に遅刻(学校は自由登校)をするだらしない性格だが、明るくて、オテンバでちょっとおっちょこちょいである。友達の悩みや相談に乗るなど、心優しい女の子。学校の成績はあまりよくなく、歌を歌うことや料理をすることが苦手。自分がなぜ、お妃候補に選ばれたのか分からず、チンプイを居候させる。お妃候補に選ばれて、様々なマール星人に振り回されているが、他の星から地球へやってきてお金に困った宇宙人に自分の財産をあげるなど、他人を思いやる行為でお妃候補にふさわしい一面を持っている。そのためか、たびたびマール星人から熱狂的な人気がある、との話が出ている。内木に片思いしつつも、ルルロフ殿下からの熱烈な求愛によってしばしば恋に頭を悩ませる点において、藤子・F・不二雄の漫画としては珍しい存在。大長編ドラえもん『のび太の日本誕生』に登場するククルの子孫でもある。

春日百合
エリの母(エリそっくりの美人ママ)。殺人的に人使いが粗く、エリに山のようにお手伝いを申し付ける。動物が苦手である。エリが真面目にやることもあるが、たいていチンプイの科法で手伝いを片付けてしまう。楽天的な性格で思いこみが激しく、チンプイ達マール星人のことをただのおもちゃと思っている。エリはたびたび「ママみたいな大人にはならない」と決意を語っているが、容姿も性格も完璧なほど遺伝している。子供の頃の学校の成績は、エリ同様あまりよくない。ワンダユウから「春日公爵夫人」と呼ばれている。

春日のどか
エリの父。商事会社に勤務。役職は課長。のんびり屋で小太り。運動神経もあまり良くない。妻の百合には尻に敷かれている。マール星より公爵の爵位を受けて以来、ワンダユウからは「春日公爵殿下」と呼ばれている。

内木一郎
エリのボーイフレンド。頭がとても良く、運動神経は悪い。正義感が強く、曲がったことが嫌いな性格。将来、宇宙飛行士になるのが夢。アニメでの名前は「翔」。

小金山スネ美
エリのクラスメイト。元華族の大金持ちである。たくさんの有名人にあったり、いろいろとエリに自慢する。内木のことが好きで、エリの恋のライバル。『ドラえもん』のスネ夫似の少女。

大江山政男
エリのクラスメイト。いつもエリのスカートをめくったり、内木君をいじめるなどクラスのガキ大将。密かにエリのことが好き。先祖が平家である。

木常コン三郎
エリのクラスメイト。大江山の子分でキツネ顔。大江山と一緒に内木君をいじめている。アニメでの名前は「小山政夫」。通称、「小政」。先祖が源氏。

スネ美のママ
スネ美を学校に外車で迎えられるぐらい上品なママ。

藤野ほたる
アニメオリジナルキャラ。エリの友達。ロングヘアでおっとりとした少々天然ボケな女の子。先祖が藤原家。

秦さやか
アニメオリジナルキャラ。エリの友達。ショートヘアで活発、言いたいことをはっきりと言うボーイッシュな女の子。スカートはあまり履かず、ジーンズを履いている。一度、内木と赤い糸で結ばれた(ワンダユウの策略)が現在解消されている。

秦さん
エリのクラスメイト。先祖は秦の始皇帝らしい。原作のみ登場。エリのことを名字で呼んでいて、親友ほどではない。

内木の母
エリにはいつも世話になっているらしい。

宇奈木ヌル夫
エリのクラスメイトで、父の後を継ぎミニカーを集めている。

宇奈木の姉
ミニカー収集で有名。

みちる
エリのクラスメイトで、クラスのマドンナ的存在。歌を歌ったり、踊りが上手。劇(眠りの森の美女)でオーロラ姫役に選ばれていたが、前日に盲腸炎になり降板。

日野先生
エリの担任でよく怒る。最近の流行にあまりついていけない。年齢は40〜50代の男性教師。

エリの祖父
エリの祖父(エリの母方の父)。エリに、食べ物のありがたみを分からせようと戦争時代の話をするが、エリは全く聞く耳を持たなかった。

エリのおじさん
お小遣いをたくさんくれる気前のいいおじさん。

クロード沢田
超売れっ子画家。この人が描いた絵は何億円もするらしい。

篠川キリン
超売れっ子カメラマン。スネ美の父の知り合いらしい。

マイケルマラソン
日本公演のために来日したミュージシャン。エリの部屋でコンサートを開いた。

三条久美子
美少女ブームを生んだ人気アイドル。通称、「ミクミ」。

森尾行雄
アマゾンのジャングルを捜索中、行方不明になっていたがバブバブの木の実を食べて命を救われる。

神界エンジェル
スネ美の父の知り合いの占い師。原作ではオバサン顔だが、アニメでは美人になっている。原作では「神界先生」。

マール星人
チンプイ
地球から35光年離れたマール星からやってきた。ネズミのようなマール星人。マール大学首席卒業。エリを説得するためにエリの家に居候している。しかし、エリがルルロフ殿下と無理やり結婚させられることには同情的で、エリが納得してマール星に行くことを望んでいる。地球のラーメンが大好物。猫が苦手(マール星でジャラシーに追いかけられたことによるトラウマ)。ドラえもんとチンプイとは互いに互いが苦手。

ワンダユウ
犬のようなマール星人。年齢はかなり年配である。くす玉を割るのが好きである。エリを説得するためにマール星と地球を行き来している。エリを無理やりマール星に行かせようとして反感を買うことがしばしばある。また、非常に涙もろい。

ルルロフ殿下
マール星のレピトルボルグ王家の第1王子。王室典範の規定により、婚約するまではエリに顔を見せることが禁止されている。頭もよく、顔も標準以上らしい。最後まで顔は明かされなかったが人型のようである。アニメでは、内木君の体を借りてエリに近づき会話し友人になった。

フクワウチ
マメのようなマール星人。マール星の財務長官。マール星でのエリ関連商品の莫大な版権収入が、エリへの蓄財批判につながることを恐れ、高額商品の購入をエリに薦めることもある。

アンリマ
アリ型のマール星人。「空間転換機」を持ち歩いているセールスマン。既婚者で子供がいる。

アポロフ殿下
ルルロフ殿下のいとこ。妻帯者でありながら、いつも女の子を口説いている。ソーダ星で知り合ったシルビアと結婚。

オータン
オランウータン型マール星人。マール星のベテランカメラマン。エリの水着写真を撮影するために地球へやってきた。

カイザー
ペンギン型マール星人。マール星を代表する観光地のホテルの支配人。ライバルであるトーリーと営業合戦をしている。

キキ
ムニルの妻。11歳。マール星から3万光年離れた星の人。蝶のような髪型で、おっとりとした性格の女の子。新婚旅行中に地球へやってきてエリのもとに来る。

クリッケ
キリギリス型マール星人。マール星式典部長。

ご隠居
ルルロフ殿下の父方の祖父。ワンダユウにはとても厳しいが、優しいおじいちゃん。

コビウリ
リスザル型マール星人。エリの伝記映画の助監督。せっかちでそそっかしいところがあり、いつもピルーカス監督に怒鳴られている。

ジャラシー
巨大ネコ型マール星人。チンプイのことが好きでいつも追いかけていた。チンプイの猫嫌いになった張本人。名前の由来は「猫じゃらし」から。

スベルスキー
アザラシ型マール星人。スキー洋品店の店主。

シルビア
アポロフ殿下の妻。アポロフがソーダ星に旅行したときに出会った。

タフソン
アリクイ型マール星人。クールで頼もしい、秘密警護官。

ダルーサ
ルルロフ殿下の元お妃候補の女の子。金髪でロングヘアをしている。自信家で気が強く、なぜエリがお妃候補に選ばれたのか納得できないでいる。悪巧みで婚約解消をねらっている。ホロロン(キツネ型マール星人)に化けていた。

チラチンジャー
タヌキ型マール星人。マール星の新聞記者。いつもしつこく取材をしてくる。ワンダユウが「エリが近々殿下と婚約する」というウソを言い、一足早く取材をしようと地球へやってくる。取材中に、自分が乗ってきた宇宙船が大破し、怪我を負ったところ、エリが見つけ自宅に連れて介抱する。エリの優しさにふれ、本当の気持ちを聞く。

デブラ・ムー
パンダ型マール星人。マール星が生んだ、宇宙的ファッションデザイナー。いいアイデアを思いつくと体から爆発が起こる。

トーリー
フラミンゴ型マール星人。マール星指折りの観光地の支配人。ライバルのカイザーと営業合戦を繰り繰り広げている。

Dr.チョロン
リス型マール星人。マール星の主治医。真面目で冷静。王室の健康診断を受けさせるため地球へやってくる。

ニンジンスキー
ウマ型マール星人。マール王室の王宮シェフ。エリのニンジン嫌いを直すためにあらゆる料理をエリに出したが、ニンジン嫌いは直らずショックを受け、マール星へ帰っていった。

ヌーボ
バグ型マール星人。マール王室侍医長。

バブバブ
テレパシーの能力を持っている「植樹祭」の苗木。

ヒコザーモン
300歳になる王室のご隠居。外見は地球のパンダに似ている。宇宙船に乗って地球へやってくるが、故障し不時着してしまい、木にひっかかって落ちたところエリに助けられる。お風呂に入れられたり、食事を振る舞うなど、エリの優しさにふれる。

ピヨピヨ
ヒヨコ型マール星人。いつも3人で行動している。宇宙の恵まれない星々に寄付している募金会の役員。

ピルーカス
カバ型マール星人。宇宙的な映画監督。エリの伝記映画の監督を務める。「2112年ドラえもん誕生」ではドラニコフをスカウトしている。いつもサングラスをかけているが、外すと円らな瞳をしている。

ブルル提督
犬(ブルドッグ)型マール星人。マール星の無敵戦艦の元提督。

マジロー
アルマジロ型マール星人。マール星のスパイ。物語を進めるにはどんな手段も選ばない。最初はエリとエリの母を仲違いさせるなど策を弄したが、最後は目的の邪魔となるものを爆弾で排除しようとするなど、分裂気質がある。

ムジエム
ライオン型マール星人。マール星のレコード会社の製作部長。120年間音楽業界を生き抜いている。

ムニル
ルルロフ殿下の母の一番上の姉の孫。14歳。キキの夫。新婚旅行中に地球にやってきてエリのもとに来る。星々の文化の歴史を研究している。テレポーテーションが得意。

モォーヤとメェーヤとムューヤ
ウシ型マール星人。お妃候補としてふさわしいのか細かくチェックする、家政婦三人組。

リリン
エリの伝記映画でエリ役を務める少女。髪の色(深緑)が違う他はエリにうり二つ。撮影中に、エリと意気投合する。映画で、エリを一生懸命に演じている。また、本物と摩り替わってエリの通っている学校へ行き、さやかやほたると会話をしたり楽しんでいた。とても頑張り屋の性格をしている。家族は両親と弟の4人家族。映画の撮影中に、足の骨を折る怪我をし、降板するがエリが代役を立て、かけつける。

ワケナイ
チンプイの幼稚園時代の後輩。見た目はチンプイにそっくり。いたずらばかりしている。科法をかけるが元に戻す方法を知らないなど迷惑をかけてしまう。

リンク集


21エモン
魔太郎がくる!!
ジャングル黒べえ
バケルくん
モジャ公
T・Pぼん
ぽこにゃん
みきおとミキオ
狂人軍
忍者ハットリくん
エスパー魔美
オバケのQ太郎
キテレツ大百科
パーマン
パラソルヘンべえ
ビリ犬
プロゴルファー猿
怪物くん
笑ゥせぇるすまん


HP編集|無料の携帯HP
おすすめ:出会い