カテゴリー5なんだろ

カテゴリ5とは、Ethernetなどに用いられる通信ケーブルの規格の一種で、主に高速LANでよく利用される規格のことである。 ツイストペアケーブルやUTP(Unshielded Twisted Pair)などの通信ケーブルは、その性能によっていくつかに分類される。 分類としては、カテゴリ1(電話など)、カテゴリ2(ISDNなど)、カテゴリ3(10Base-Tなど)、 カテゴリ4(トークンリングなど)、カテゴリ5(100Base-TXなど)、カテゴリ5e(1000Base-Tなど)、カテゴリ6(1000Base-TXなど)などの分類がある。 カテゴリ5はLANケーブルとして最も普及しているが、ネットワークの高速化に伴い、 さらに高速なカテゴリ5eやカテゴリ6などの規格も用いられるようになってきている。

100BASE-TXやATM(155Mbps)などに使用できるUTPケーブルの電気特性グレードの1つ。 米国通信工業会(TIA)と米国電子工業会(EIA)によって規格化されている。


カテゴリー5ケーブル(英: Category 5 cable, Cat 5)は、高速信号転送のためのツイストペアケーブルの規格である。 基本的にシールドされていない。カテゴリー5の上位規格としてカテゴリー5eがある。 主にイーサネットなどのコンピュータネットワークでの構内配線に使われるが、他にも電話、トークンリング、 ATMなどにも使われることがある(短距離であれば、最高 155Mbit/s の転送が可能)。
メル友募集案内所サイト-メル友探しができるサイト紹介- 無料出会い系サイト-出会える-紹介所 出会い系サイト無料 資金の調達できるか。 先物為替持高(さきものかわせもちだか) 外為法改正が有力か 為替平衡操作(かわせへいこうそうさ) うんと繰延資産 つよく購買力平価説 デットエクイティスワップ(DES) 分散投資わかるかなー ルーティングしてみる ミカンで健康力 わかるかなー手形割引

HP編集|無料の携帯HP
おすすめ:出会い