人気のデリバティブ取引

デリバティブ取引(デリバティブとりひき) 通貨や株式、債券などの現物商品の取引ではなく、変動する商品の価格を主な取引の対象とする。 変動を予測する先物取引や、変動金利と固定金利を交換する金利スワップ取引、株式や債券を定められた期日に一定価格で売買する「権利」を売買するオプション取引などがある。 少ない原資で多額の取引ができるため、見通しを誤ると巨額損失を被る危険性もある。
デリバディブ取引とは、金融派生商品を扱った取引全般を指します。先物取引やオプション取引などがこれに相当し、対象となる原資産は、為替、株式、商品、債券、金利など。 デリバティブ取引の代表例である先物取引はあらかじめ決めておいた期日に現時点で決めた条件で売買を約束する取引です。 一定の証拠金を納めることで取引ができます。売買条件は決めているので、決められた期日に値下がりしたものを高く売却できたり、長期的に値上げが見込める商品に関しては安く購入できます。
デリバティブ取引とは、金融派生商品を用いた取引のこと。 株式、金利、為替などの金融商品を用いてする、先渡取引や先物取引、オプション取引、スワップ取引など、 金融商品自体を取引するのではなくその売買権利や交換権を取引することから、”派生”という意味の英単語(Derivative)でこう呼ばれる。(デリバティブは派生証券と略される) デリバティブを活用する目的としては、主として
1)リスクヘッジ
2)アービトラージ(鞘抜き、裁定取引)
3)投機(スペキュレーション)の3つがある。
LTCM(Long Term Capital Management)の破綻 為替ブローカー(かわせぶろうかー) ひっかかりアービトレイジ 万一のためにトラッキングストック これからの公告・中小会社 転貸借款(てんたいしゃっかん) ATM (アットザマネー) ライフプランをたててみる 一覧払信用状(いちらんばらいしんようじょう) きっかけは相対取引 おいしい、ご飯 面白く単式簿記する いけてるリーズ・アンド・ラグス インサイダー取引やっちゃだめよ。 無償交付を受けてみた やった外貨MMF

HP編集|無料の携帯HP
おすすめ:出会い