ここあの携帯ページへようこそ!

日記帳
掲示板
アルバム
本棚
リンク集
更新情報
プロフィール
お友達に教える

((カワサキ塔jンジャZX-6R))

カワサキ・ニンジャZX-6R(Ninja ゼットエックス-シックスアール)は、川崎重工業が製造・発売している、4ストロークの輸出市場向けの大型自動二輪車(オートバイ)である。
概要  
ZX-6Rの元々のエンジンはスーパースポーツ世界選手権に出場する他のライバルと同じ599cc水冷4ストローク直列4気筒であった。市販車がレース指向を強くしすぎると「サスペンションが固すぎる」「低速トルクがない」などと、一般ユーザーが犠牲になる面も目立ち始めていた。そこで2002年に、最大の特徴として他の600ccクラススーパースポーツモデルとは異なり、公道走行を重視した排気量636ccのZX-6Rを登場させたのである。その年のモデルからレース参戦を前提にした排気量599ccのZX-6RRと併売となった。 2002年モデルまでは、フレームなどをZX-9Rと共用とし開発が進められてきた(9Rのシャシーは98年モデルから6Rのシャシーを採用していた)。2003年ZX-9RがZX-10Rとなった為、ZX-6R単独での開発が行われ、専用パーツが投入された。 2005年のフルモデルチェンジで空力特性に優れたセンターアップマフラー等を投入し、フレームを含め全てを専用設計とし、ニンジャシリーズ最小のCdA値(空気抵抗値)0.27を実現させるためにデザインも2003年モデルと比較しエッジの取れたデザインとなった。エンジンに関しては、排気デバイスの採用やFIは従来からのツインバルブ方式に加えツインインジェクターを採用、給排気バルブを大径化するなど、高回転域のエンジンパワーのみならず中低速域のトルクにおいても向上させている。 2007年モデルで再びフルモデルチェンジを行い、開発に元WGPライダー眞子智実を起用し、車体デザインの変更だけでなく、エンジンを完全に一新して全回転域においての扱いやすさを向上させた。これにより公道用636ccモデルは廃止され、599ccモデルがZX-6Rの車名を受け継ぐことになった。
 

バイク バイク バイク バイク バイク バイク バイク バイク バイク バイク バイク バイク バイク バイク バイク バイク バイク 出会いDestiny(出会い) 出会いサイト バイク
©KAWASAKI


HP編集|無料の携帯HP
おすすめ:出会い