★携帯ゲームの未来像1

ドリランド
i-mobile

移植にあたってはエミュレータを使ってゲームを動かすだけでは終わらず、むしろそれ以外の要素にずっと開発工数を要しています。エミュレータは再現度を上げるためのものであって、楽はできないということですね。

日本文化を意識して作ったハリウッド映画は笑える。海外文化を意識して作った日本製ゲームは笑われる。今回のデイトナUSA移植では、MODEL2エミュレーション技術を使用しています。このエミュレーションとは、アーケード用基板MODEL2を他種のコンピュータ上でソフト的に再現して、MODEL2用のプログラムデータをそのまま家庭用ゲーム機で動作させるというものです。

ドリランドの口コミ


★携帯ゲームの未来像2

FPS用マウスにはスナイパーボタンがあり、親指で押下げるとスナイパーモードに画面が切り替わり、センサーの読み取りDPIが下がるとのこと。素早い動作と狙撃時の微調整の両方に対応できると。こうしてみると、ゲーム用のキーボードとマウスって、結構工夫できる余地があるのね。

ドリランドの口コミ

(C)携帯ゲームの未来を考える会


HP編集|無料の携帯HP
おすすめ:出会い