援交日記
当サイトでは援交ができる無料の出会いサイトと出会い系での体験談を掲載しています!!
無料ナチュラル
[タイプ:家出少女]
SOSを求めている家出少女の書き込みも多い!!
無料直アド掲示板
[タイプ:ギャル]
直アドではじめからやりとりができます!!
無料ノエルCLUB
[タイプ:ロリ系]
第2のスタビともよばれtげいるBIGサイト!!
無料センター
[タイプ:学生]
お小遣い稼ぎで出没の学生多数!!
無料Mrs.ファインダー
[タイプ:人妻]
援交ではなく逆援交されてみませんか??
体験談
36歳の主婦です。昨年の夏8月の事でした。私は、その時を最後に援助交際を止めました。もうあんな怖い目にあうのは嫌です。もう絶対しません。こりました。 私2年程前パートを辞めて、週に1,2回援助するようになりました。ツーショット使ってました。ホテル代込み1.5、コンドーム絶対にする、SMはダメ、それが条件でした。 私Hは好きです。罪悪感もあったけ、慣れてくると罪悪感も無くなり、危険な事だけどそんな意識もなくなり。そのうち何人かは携帯教えてもらい私から電話して会っていました。最後はその3,4人の男性とだけ会う感じでした。 そのうちの1人の男性です。半年前ぐらいに知り合った人でした。それまで月2ぐらい会っていました。 その日は、その男から電話が来て会いました。11時頃いつものパチンコ屋の駐車場、そこから5分のいつものホテル。 いつもの様に前払いでお金くれました。そして歯磨きしてお風呂に入り、私はいつものように入りました。男は46の会社経営者と言ってました。私がフェラチオ好きで舐めるのをいつも喜んでいました。私の顔をちんちんでピタピタ叩くのが好きでした。その度に「奥さんが昼間からこんな事してて悪い奴」と私に言いました。 その日もいつものように私は男の身体を洗ってあげてちんちんもお尻も綺麗に洗いました。床に座ってフェラチオしました。とにかく私にしゃぶらせてますいつも、そしてパイズリさせます。そこまではいつも通りでした。 身体拭いてベット、いつも真っ暗だからその日も真っ暗でも気になりませんでした。バスタオル巻いたまま布団の上に横になりました。男はバットの横から手錠を2つ出して暴れる私を力まかせに手首足首と拘束しました。私は叫びました。 「約束違う、止めてよ帰る」と「高い金払ってるんだいつも、がたがた言うな、叫んでもホテルだ助けは来ない、今日は好きにさせてもらう、大体生意気だ、注文ばかり付けて、お前みたいな悪い奥さんはお仕置きがいる」とか言われたように思います。手も足もわずかにしか動けなくて抵抗できないしあそこ丸見え状態、怖かった。男は鞄から色々道具出します。何されるのか怖かった。男私の鞄開けて財布から免許書だして私の本名を言います「○○○○子と言うのか、年齢は嘘無いな、住所は、○○か」「止めてください、お願いします」「亭主知ったら驚くぞ、奥さん援助してたら」私は動けない体をばたばたさせて叫びました。「うるさいな、可愛がる前に覚悟決めさせるぞ」私のショーツはさみで切ります、そしてブラジャーまたはさみでまっ二つに切りました。 Tシャツ持って「どうするんだこれも切られて裸で帰るのか」はさみを首のところに当てます。「止めてください」私泣きました。そして私に何本もバイブ見せて「どれから欲しい」と聞きます。私は答えません「じゃあこのでかいのから入れるか」「待って、それ無理、小さいのにして」男は「どうするこのまま入れるか、舐めてからにするか、このままだと痛いぞ」私バイブ舐めました、これがこれから自分の中に入る、それを思うと惨めで泣きました。ピンクローターでクリトリス刺激されて濡れてきました。男は、デジカメ出して私撮ります。「写真止めて」「記念だ、そうだお前の携帯でも撮っておこう、旦那にシャメ送れるぞ」やめてと叫んだけど私の携帯で撮影します「あまり煩いとこれ送るぞ」絶体絶命。バイブ入れられ、写真撮られました。そんな時でも悲しいのに体は反応して男の弄くるバイブとかローターに遊ばれました。「欲しいか、何が欲しい」、私に聞きます。ちんちん欲しいといわされた。「1回入れとくか」と男は私のあそこにちんちん押し付けてきた。「コンドームしてお願い」「生だろ普通」「、お願いしますコンドーム」携帯だしました。「生でも良いから、外だしして」「えっ生で中出しして、じゃあ入れるか」「外だし、ダメ中」生でちんちん入りました。「排卵日なの、止めて」その動けない姿でやられるの痛かった手足が。でも悲しいけど感じて舌絡めてしまった。写真も撮られて、そのまま蛙みたいにバックにされました。「でるぞ、いくぞ」男は言います。「外出して、外、」お尻を引いて逃げたくても逃げれない。そのうち私の中でちんちん一瞬膨れてどくりどくりと波打ってきました。中に出されました。それでも「外出して、抜いて」と言いました、遅いけど。私のお尻つかみ男は「生の中は気持ち良い」と言ってます。ちんちん抜けると、あそこから少し精液が落ちるの判りました。「中絶対ダメ、いったのに、どうするのよ」 私はぐったりして言いました。男はその姿写真に撮り、私を上向きにさせまた撮りました。「掃除しない」バイブ突っ込んできました。「お願い洗わせてよ」「煩い、まだわからないか」ローション出してきました。私の体に塗ります。バイブ抜いてローション中に入れてきました。最悪でした。そして一番太いバイブ入れてきました。クリトリスにも当たります。私泣いてました。男はアナル触ります。「そこ止めて痛い」ローションたっぷり塗られて指が入ります。「痛い、本当止めて」小さなバイブそこにも入れられてしばらく遊ばれました。手錠外されて、力づくでまた後ろ手にかけられました。足が自由になっても逃げれない。足には後が残っていました。バイブ差し込んだままフェラチオさせられました。ロープでオッパイ縛られました。オッパイが飛び出るくらい強い縛り、乳首なんか充血したみたいに大きくなってました。 そこにクリップ挟まれて涙が出ました。でもフェラチオさせられました。意識が遠くなってきて自分でも何してるのか、夢か現実の逆援助か判らないそんな感じでした。喉が渇くと言うとウーロン茶がぶ飲みさせられた。私をまた蛙みたいにバックにしてローターやバイブで弄びます。何か写真撮られてももう麻痺してました。恥かしいとか痛いとか無くなってました。 バイブの音、それに体が反応して、アナルも初めてだったけどもう痛みも無くなってました。こうなるとお人形ですね。今考えてもそう思います。そして私尿意を催しました。 トイレ自分では入れません。男に「トイレ行かせて」と訴えたけど風呂からバケツ持ってこられました。「お願いトイレで」お願いしたけど、尿道触られて我慢できずにそこでさせられた。跳ね返りが足に掛かるのとすこしこぼしてしまった。それを私のTシャツで拭く。「帰りどうするの」と叫んだ「まだ逆らうか」と言いしばらくして男はそのまま私をバックに倒しました。目が怖いと思いました。殺されるのとか思いました。浣腸されました。もちろん逃げた。でも無理。液体が私の中に入るのがわかりました。お尻の穴栓されました。それが痛かった。「今から地獄見せたやる」男は言いました。地獄でした。出したくても出せない、お腹は痛い、お尻に異物感あっても歩きました。そして倒れました。何回も「トイレとお願いしました。男は笑います。「うんこさせて」と言いました。ソファーで見てます。私フェラチオしたら聞いてくれるとか思って自分から咥えてお願いしました。 男は、私に質問しました。今までの援助交際の事、旦那との夜のこと色々と。私嘘言えなくて正直に言いました。嘘を考える余裕もありません。地獄です。男はトイレのドアだけ開けてくれました。栓外してくれないと無理です。泣き喚きました。線外してくれて漏らしそうなのを堪えて座りました。 男は見てます。「見ないで、ドア閉めて」聞いてくれない。 私そのまましてしまいました。でもウォシュレットも紙で拭く事もできない。男にお尻向けて「臭いな、臭い」とか言われながら拭かれました。そしてお風呂でシャワーでお尻洗われました。ローションが乾いていたのが濡れてまたぬるぬるしてました。ベットで寝ている男のちんちんフェラチオしました。自分で入れろと言われて「コンドーム:と言うと「また辛い事したいか」と言われて「外でお願いします」と上にまたがりました。中々ちんちん逃げて入らない。男はその度に私のオッパイビンタします、痛い、私の胸はEカップ自慢でした。でもこの時は大きな胸を怨みました。男がちんちんローション塗り手で支えてようやく入りました。私が動くだけです。写真撮ります。後ろ向きに私がなると「ここからうんこひねり出したか」と私のアナル弄ります。私は感じ出して動きました。男が私のお尻しっかり掴みます。中に出されると思い「外に今度こそ外にお願いします」男は「ああ、いきそうだ」私のお尻掴んでます。「もう嫌だ、助けて」と叫びました」でも男は、そのまま私の中に「お願い止めて、もう止めて外に」と言ったと思います。そのまま私は倒れちんちんが抜けました。中から少し出るのが判りました。「酷すぎる、あんまり」「じゃあ訴えれば、できる」男は言いました。出来るわけありません。男は、私を残してシャワーを浴びました。私はベットの上で泣いていました。 男はかばんに道具を片付けました。私は、まだ手錠と縛られたまま。ロープが外されました。跡が残っています。 手錠を外してと言いましたが、無視です。そしてまたローション私の中へいれかき混ぜました。こんな事されたらシャワー浴びても綺麗にならない。私の切られたブラジャーとショーツゴミ箱へ捨てました。私どうやって帰るのと思いました。時間は4時でした。もう帰らないといけません。 男は自分だけ着替え、私のTシャツとスカートをソファーに置くとフロントに精算の電話しました。「奥さん、急ぎなよ人来るよ、楽しかった、じゃあな、部屋代は今日は払っておいてやる」そして私の手錠外すとさっさと出て行きました。私は急いで服を着て追いかけました。エレベーターはひとつ、追いつけませんでした。フロントで一人出て行きましたが良かったですかと聞かれました。あいまいに返事して外に出ました。外の日差しは暑くて、そして男の車はありません。男の携帯に何回も電話しました電源が切ってあります。私はその汚れたTシャツを着て20分ほど歩きました。歩いているとあそこからローションと私のと精液が流れ出て股に伝いました。早く帰ることに懸命で汗をかきながら急ぎ歩きました。車に戻りティッシュを股に挟み最強にエアコン効かせてました。汗とおしっこと厭らしい臭いで忘れられません。泣いてる顔なんか子供に見せれない。急いで帰りシャワー浴びて夕食つくりました。そしてまたお風呂に入りましたそこで初めて泣きました。もう絶対援助交際しない、真面目にすると。主人は長距離運転手その日は帰りませんでした。 翌日、また翌日と男に何回か電話しました。着信拒否でした。居場所調べる事も考えたけど私のほうが不利です。 諦めました。写真はどうなったとか不安でした。そして何時もより3日遅れて生理きました。その3日間検査薬買ったり、焦りました。見知らぬ男性の怖さ、2人きりになる怖さ、それを考えると本当にやめるべきです。私は身をもって知りました。
オススメリンク
援交掲示板
メル友募集掲示板-無料-
熟女出会いサイト
少女の為の家出掲示板
セフレ出会い場
熟女
援交体験告白


HP編集|無料の携帯HP
おすすめ:出会い